堅実に、土地活用。

田舎の土地活用法太陽光編

近年、地方の過疎化の問題を良く聞きます。
年々出生率が低下し、働き盛りの大人たちも地方から都会へ行ってしまい、ますます過疎化が進んでいると思われます。
そのようになってくると、村や町の管理も行き届かず使わなくなった建物や空き地など、使ってない土地が出てくるでしょう。
そのような土地をそのままにしておくのは、危険だと思われます。
空き巣や犯罪の温床になりえるからです。
そこで空いている土地活用を考えるでしょう。
田舎の土地活用というと駐車場やアパートなどは、活用する人が少ないため、あまり向いていません。
そこでおすすめなのは、太陽光パネルの設置です。
太陽光パネルは発電した電力を一律の値段で国が買い取ってくれます。
それも20年間その金額は変わらないということなので、とても安定しているかと思われます。
そして駐車場などと違い常に実績(電力をつくる)を出してくれます。
その為、田舎の土地活用の1つとして太陽光パネルは、優秀な選択肢の1つでしょう。

田舎での土地活用を考える

田舎での土地活用は人口動態をより詳しく知る必要もあります。
土地活用を考える上で、人口動態に関すデータはとても大切になります。
人口が減っていく地域ではそういったことを想定する必要もあります。
ビジネスを考えることは、どのような需要があるかを考える必要があります。
田舎は貸し農地などの需要を考えることもできます。
都市部から移住してきた人達がそういった場所を好むこともあります。
田舎での土地活用を考える時は、そういった需要の変化を推測する必要もあります。
人口動態については、官公庁のデータが参考になります。
インターネットを活用することで、そういったことに関するデータを得ることができます。
ビジネスで先の展開を読んで成功するには、こうしたデータ分析が必要になります。
地域の開発計画をビジネスにおける需要を変えるきっかけとなります。
こうした需要の変化を与えるきっかけについても、不動産ビジネスを考える時に敏感になっておく必要があります。

recommend

最終更新日:2016/4/19