堅実に、土地活用。

土地活用としての一戸建てについて

空いている土地を活用するための手段として一戸建てを建築する事は土地活用としては非常に効果のあるものです。
土地が空いている場合には、どのような活用方法があるのか、それは非常に多くの種類があるものですが、利益を得るための活用方法もあります。
一戸建てを建築した場合には、住む場所を確保する事が出来ますので、とても生活費が安くなる特徴があります。
家賃などは一切必要ありませんので、格安の費用で生活をする事が出来ます。
また、利益を得る方法もあり、住宅自体を賃貸として貸し出す事によって家賃収入を得る事が出来る方法もあります。
そのため、住む場所を確保するための住宅としても活用する事が出来る、利益を得る方法として賃貸住宅にする事も出来る非常に使い勝手の良い住宅にする事が出来ます。
将来的には子供に与える住宅として用意する事も出来ますが、退職をした後に住む住宅として確保する事も出来ますので、土地活用の方法として一戸建てを利用する事は最適です。

一戸建てを活用した土地活用

土地活用の方法のひとつにアパート、マンションなどの経営がありますが、自宅用の一戸建てを建築してその一部を賃貸物件にするという方法があります。
他にも道路付けのよい、車両の出入りがしやすい間口の広さがある土地であれば土地の一部を駐車場として賃貸にするという土地活用方法もあります。
もし自分が所有している土地が便利なので住み続けたいという場合にはこれらはとても有効な土地活用方法です。
自宅の一戸建ての一部を賃貸にすることのメリットは、仮に銀行などから借り入れをする際に金利が低く抑えられる可能性があります。
アパート、マンションを建築してしまうといわゆる投資用、アパートローンになりますので借り入れの際に住宅ローンと比較すると金利が上がります。
一方自宅と賃貸兼用物件の床面積の割合の条件を満たすことができれば、銀行からの借り入れの際、一般的な住宅ローンの適用を受けることが可能になります。
一戸建ての一部を利用した賃貸物件の賃料で住宅ローンの支払を全て賄えることもできるかもしれません。