堅実に、土地活用。

アパートで土地活用を

アパートなどの土地活用は人気となっています。
土地は所有していますと、固定資産税などのコストがかかることとなります。
そういった土地は賃貸物件を建てるなどをして、収益物件に変える必要もあります。
アパートは、確実に家賃収入を得ることができる資産運用手段として人気となっています。
土地活用をすることは資産活用をすることでもあります。
資産活用を考えることは、収益について考えることでもあります。
アパート経営の場合は、収益手段は家賃収入になります。
家賃収入から固定資産税や維持費などのコストを引いたのが利益となります。
利益について考える時は、金利の支払いについて考える必要もあります。
借入金を利用して土地活用をする時は、支払い金利の変化も想定しておく必要があります。
支払い金利として固定金利と変動金利があります。
借り入れる時は、どちらを選択したら有利かを考える必要もあります。
資産運用をする時は、経済の流れを考える必要もあります。

土地活用でアパート経営はどうでしょう

土地活用に当たり、色々な有効活用の手法が有りますが、その1つとしてアパート経営が有ります。
経営というと難しいと思われますが自ら全てをやると考えると勿論、大変になりますので専門会社や専門業者へ依頼することを前提として、始めたら如何でしょう。
当然、委託する以上、最終的には収入額は減りますが賃貸トラブルやクレーム処理、様々な問題の処理などちょっと考えてみても大変さが目に浮かびます。
まずは始めるにあたり、資金調達が必要になりますが持参金が不足ていればアパートを建てる予定の土地を担保に金融機関より借入しましょう。
借入主は本人より、出来れば収入が有る子供さんが望ましいです。
理由は相続時の税軽減対応を考えてのことです。
実際のアパートの建築や入居者募集などは金融機関紹介の不動産業者が良いと思います。
完成後、入居者が決定し入居されましたら以降の経営については全て管理業者へ依頼する事になりますが新築住宅では入居者が無くても一定期間については家賃保証も有ります。
将来、維持管理費が増加して経営が難しくなった場合は土地と建物をそのままで不動産業者へ売却し、借入残金の処理に充てることも可能ですので安心です。

pickup

最終更新日:2018/12/19